流行 【中古A/美品】 [ジュエリー] 鑑別書付き アクセサリー リング #12号 PT900 ダイヤモンド0.31ct エメラルド1.71ct エメラルドリング-指輪・リング

流行 【中古A/美品】 [ジュエリー] 鑑別書付き アクセサリー リング #12号 PT900 ダイヤモンド0.31ct エメラルド1.71ct エメラルドリング-指輪・リング










アイテム情報
お問合せ番号103664
ブランド名ノブランド
商品名エメラルドリング エメラルド1.71ct ダイヤモンド0.31ct PT900 #12号 (Emerald ring Emerald 1.71ct Diamond 0.31ct PT900 # 12)
素材PT 900 (PT 900)
カラー銀 (Silver)
サイズ12号
重さ5.4g
使用石エメラルド1.71ct / ダイヤモンド0.31ct (Emerald 1.71ct / Diamond 0.31ct)
付属品鑑別書
商品状態ランク A


ランクA

とてもきれいな状態の商品です。
備考ネット販売の性質上、お客様のご使用になられているパソコンやスマートフォンのモニター環境、撮影、画質等の関係でイメージ写真と実際の商品との色合いが多少異なることがございます。

箱、保存袋などの付属品に関するご注意















あめりか屋からお客さまへのお約束

家(建物)を建てて売ることが私たちの仕事だとは思っていません。家を通してお客さまご家族の幸せに貢献することが仕事だと思っています。

私たちの仕事はこの「何のために」という思いを大切にしています。

あめりか屋の歴史

明治30年代頃、アメリカのシアトルに渡り古着屋を営んでいた橋口信助氏はアメリカでの生活であることを知ったそうです。それは「アメリカ人は身分の高い・低い、お金を持っている・持っていないに係らず、イスに座って生活(椅子式の生活)をしている」ということ。当時の日本人の感覚的では、椅子式の生活は「知性や経済力が無いとできない」と思われていたそうなので、橋口さんはそれを知り、驚いたそうです。

そんな橋口さんは現地アメリカの建築について勉強して、日本に帰国したら「日本にも椅子式での生活、要するにアメリカ式の洋風住宅を広めたい」という夢を持つようになったそうです。
そして橋口さんが帰国後、明治42年東京虎ノ門で開設したのが、弊社のルーツとなる『あめりか屋』です。

続きをみる

戻る 次へ