【半額】 ランニングシューズ】【あす楽対応】【メール便不可】[物流倉庫] トレイルシューズ L40611600 2018~19年秋冬新色【L40469200 GTX ELEVATE トレイルランニングシューズXA 【最大500円クーポン有】サロモン【SALOMON】メンズ-メンズシューズ

【半額】 ランニングシューズ】【あす楽対応】【メール便不可】[物流倉庫] トレイルシューズ L40611600 2018~19年秋冬新色【L40469200 GTX ELEVATE トレイルランニングシューズXA 【最大500円クーポン有】サロモン【SALOMON】メンズ-メンズシューズ





 item-Information             【商品詳細説明】
 ■メーカーサロモン(SALOMON)
 ■品名XA ELEVATE GORE-TEX
 ■品番L40469200・L40611600
 ■仕様2018~19年秋冬新色
 ■メーカー希望小売価格¥16,000(税別)
 ■サイズ25.0~28.5cm
 ■ソール高ミッドソール:25mm/17mm(8mm drop)
 ■重量約310g(27.0cm)
 ■カラーL40469200(RED DAHLIA/
  EMPIRE YELLOW/BLACK)
L40611600(MALLARD BLUE/
  REFLECTING POND/SULPHUR SPRING)
 ■素材アッパー:Breathable open mesh/
  Friction free lace eyelet/Quicklace/Sensifit
メンブレン:GORE-TEX Inshlated Comfort Footwear
アウトソール:Premium Wet Traction Contagrip
ミッドソール:Dual density EVA/EnergyCell
ソックライナー:Molded EVA
 ■商品説明冒険心を掻き立てるマウンテンランニングシューズが
登場。山で行動するために必要なプロテクション機能を
標準装備しつつ、高反発のENERGYCELL+
ミッドソールを、ランニングロッカー形状にシェイプする
ことで推進力が高まり、どんな荒野も安心して突き進める。
更にGORE-TEXブーティ×SALOMON独自の
Premium Wet Traction Contagripアウトソール
により、気候さえも選ばない。
 ■商品機能●contagrip
 サロモン独自のソールグリップテクノロジー。開発に
 際しては、プロのアスリートとのコラボレーションにより
 数々のテストを実施。最適な成分配合率とスポーツに
 応じたグリップのパターンと深さを採用し、確実に性能を
 発揮します。
●PROFEEL FILM
 トレイルの突き上げからフォアフット足裏を守るプロテ
 クションフィルム。重量への影響が少ないのも特徴です。
●advanced chassis
●ENERGY CELL+
 ロードランニング用のために開発された超軽量ミッド
 ソールフォーム。クッション性とリバウンドを両立し、
 ロングランに対応します。
●GORE-TEX
 ■検索用キーワードサロモン、SALOMON、アウトドア、OUTDOOR、
トレイル、トレイルランニング、ランニング、ラン、レース、
大会、山、山岳、山野、不整地、靴、くつ、シューズ、
トレイルランニングシューズ、トレイルシューズ、
ランニングシューズ、メンズ、男性用、男性用、
メンズサイズ、男性用サイズ、
スポーツ用品はUS-NEXTスポーツ(内山スポーツ)
 ■あす楽【あす楽対応_東北】【あす楽対応_甲信越】
【あす楽対応_関東】【あす楽対応_北陸】
【あす楽対応_東海】【あす楽対応_関西】
【あす楽対応_中国】【あす楽対応_四国】

>>シューズに関してご不明な点がございましたら
 お気軽にお問い合わせ下さい。

シューズについてのアドバイス>>>
 
(お手入れ方法、選び方など)



【ラッキーシール対応】

あめりか屋からお客さまへのお約束

家(建物)を建てて売ることが私たちの仕事だとは思っていません。家を通してお客さまご家族の幸せに貢献することが仕事だと思っています。

私たちの仕事はこの「何のために」という思いを大切にしています。

あめりか屋の歴史

明治30年代頃、アメリカのシアトルに渡り古着屋を営んでいた橋口信助氏はアメリカでの生活であることを知ったそうです。それは「アメリカ人は身分の高い・低い、お金を持っている・持っていないに係らず、イスに座って生活(椅子式の生活)をしている」ということ。当時の日本人の感覚的では、椅子式の生活は「知性や経済力が無いとできない」と思われていたそうなので、橋口さんはそれを知り、驚いたそうです。

そんな橋口さんは現地アメリカの建築について勉強して、日本に帰国したら「日本にも椅子式での生活、要するにアメリカ式の洋風住宅を広めたい」という夢を持つようになったそうです。
そして橋口さんが帰国後、明治42年東京虎ノ門で開設したのが、弊社のルーツとなる『あめりか屋』です。

続きをみる

戻る 次へ